難民

難民なのに「難民」になれない人

難民とは、

紛争に巻き込まれたり、宗教や人種、政治的意見といった様々な理由で迫害を受けるなど、生命の安全を脅かされ、他国に逃げなければならなかった人々のこと。

 

日本にも難民が暮らしています。

紛争や人権侵害などから自分の命を守るため住みなれた故郷から日本に逃れてくる人がいます。日本に来るきっかけは日本のビザが一番最初に下りたなどの理由から。母国からの迫害の最中、行きたい国を選んでいる暇はないのが現実です。

 

母国から逃れた難民が日本で「難民」に認定されるには申請が必要です。

 「難民」に認定されると「定住者」の在留資格がもらえ、国民健康保険の加入や日本語学習、仕事の紹介が受けられ日本で生活するために必要なサービスや権利が与えられます。不認定の場合でも人道的配慮により日本で暮らすことを許可されることもあります。


では、難民認定も人道的配慮も認められなかった人はどうなるのでしょう

「強制送還」の対象になります。

 強制送還を拒否した場合は「不法滞在者」となり収容施設に収容されることになります。収容期間に上限がないため収容の長期化が問題となっており、送還を拒否している外国人に対して、刑事罰を導入することが議論されています。

この厳罰化は、難民申請をすると一定期間経過後に就労が可能になることを悪用し就労目的で難民申請をする偽装難民が急増したためです。

 

難民問題は、特定の地域だけでは解決できないグローバルは問題です。

偽装難民にフォーカスするだけでなく、助けが必要な難民の支援や移民政策も議論する必要があるように思います。

 

[ぜひ、こちらもご覧ください・・・]

国に帰れないことは「罪」なのか ―誤った事実を元に議論されていた「刑事罰」 | Dialogue for People(ダイアローグフォーピープル) (d4p.world)

難民