せかいいちの いちご

文:林 木林
絵:庄野ナホコ
発売日 : 2018/6/28
絵本 : 32ページ(25.7×18.2cm)B5判ハードカバー
出版社 : 小さい書房
言語: : 日本語

「ふえると、へる。増えると、減る。」
いちごが増えて、減ったものとは?
子どもにも大人にも届けたい絵本。好評の『二番目の悪者』につづく、林木林と庄野ナホコによる絵本、待望の第二弾!

¥1,980 (税込)

残り在庫1個

説明

「いちご おとどけいたします。」
ある日、カモメが運んだ手紙がシロクマに届きます。
いちごってなんだったかしら?シロクマはいちごをとても楽しみに待ちます。
そして届いたいちごはひと粒だけ。
シロクマは、「いとしの ひとつぶちゃん」と語りかけます。
夜はベッドの傍らにおいて、いちごのかおりに包まれて眠りました。
次の冬に届いたのは、2つぶのいちご。
そしていちごは年々増えていき、食べきれないほどのいちごたち。
シロクマが気づくこととは?

~よいことshopより~
生き生きと動き回るシロクマとシロクマの家の中は、自分もいっしょに暮しているような気持ちになります。
そして、忘れかけていた何かを思い出しますよ!
ピンクの表紙。かわいいイラスト。大人絵本としてプレゼントにも最適です。

レビュー

レビューはまだありません。

“せかいいちの いちご” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です